HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  社労士  »  シュウキ、作成。続。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュウキ、作成。続。

いま、潜水艦ものに嵌っているので、
サブマリン707を観終えた。

いやーぼろ泣きでした。

当時、名作とは聞いていたが、なめてて、見過ごしてた。
印象が、横山光輝さんに似てるかんじがあって。

読了に2ヶ月以上かかってしまったが、
フェニックス・サブ・ゼロに、
自律CPとか、時代背景とかの感触が似ていて、
当時、どちらが影響を受けたんだろう?

まあ、設定は、小説には、かてないけど、
印象をふくめて、どちらもいい作品だった。

日本には、サブ・ジャンルでは、
映画ローレライという、レアなアレがあるしね。


さて、昨日は、ネットで遊びすぎ、なにもしなかった。
ので、今日は、けっこう頑張った。

いまから、サブ小説買って、
シュウキの続きも、2時間程度はやりたい。

先週の不利益変更を提案したクライアントからは、お礼がきた。
お礼は、ほんとうにありがたいです。

サービス業としては、見えないものを売る、わけだし、

しょうじき、他人の悩みを引き受けて、じぶんの時間を鬼のように費やして、
クライアントも自力で解決が難しいというか、出来ないから、
他人、とくに専門家に助言を相談するわけだから、

回答する立場からいうと、それはしんどい。

現実には、金銭につながる確率は低いし、クライアントにも甘えがあって、
じぶんの悩みが解決の糸口につながると、値切るんだよねえ。

街角の占い師のほうが、しょうじき儲かるし、
占い師の実効力は、法的知識には、まったく歯が立たないでしょ。おそらく。

で、彼らは、まあ、勉強もするんだろうけど、〔手相とか、星図とか〕
法的勉強は、天文学的な、時間を要する。

それを構成した回答は、ほんとうに、紙で1枚、2枚なわけ。
で、できれば、
占い師ていどの金銭対償は、もとめたい。
あの人たちは、30ぷん2000えんとか、3000えんでしょ。

ぼくら専門家は、1時間5000えんとかが相場といわれているけど、
ぼくは、その相場の請求の経験は、ないよ。

ま、ことしは、なんとか、そういうところに行きたいな。

あと、社労士名簿が送られてきて、勤務のところに、ぼくが記載されてた。

来年は、勤務先にいないといいなあ。
まじでね。
それが目標。
退職して、べつの、しごと、社労士とかで開業してたいな。
事務所とか。

ああ、そういえば、弁護士さんで、じぶんの事務所をオーク材のレトロ家具とか、
帽子掛けとか、内装をそろえて、ベーカー街みたいな先生がいた。

ああいう事務所もいいよね。
夢があって。
ほんとうにPCなんてなくて、タイプライターなんだよね。

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rimrunner17

Author:rimrunner17
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
田井中律
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。